フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

ホントに納竿

ホントに納竿

今年の最後はカサゴ&メバルでした!
釣具屋よっちゃんとその友達K君と御前崎港で癒し系ゲームで締めくくり。
カサゴは年末最後用に取っておいたポイントでアタリも多くサイズこそ20センチ位だけど数多くキャッチできた。
同行した2人もメバルキャッチで楽しく納竿となりました。
来年も楽しい釣行記録が残せるように頑張ります。

釣り納め

釣り納め

釣り納め

今年の最後の場所に選んだのは通い慣れたサーフ。
昨日までは連日強風波浪注意報が出ていた為に底荒れ気味ではあるが問題無い程度、問題は誰もいないだろうと思った年末最後のサーフに人だらけ!
まぁ今年のヒラメ好調の影響でしょうかね。
めぼしいポイントをランガンしていくが全く気配無し、そんなに都合良く魚が釣れるとも思ってなかったけどね、周りのアングラーも同じようだ。
帰りながら打ちまくって行くとフックに何か付いてきた、見るとマゴチかメゴチ?小さすぎて判断できないサイズ。
年末に無用な殺生をしてしまった、ごめんなさい。
このままでは気持ち良く年も越せない!
夕方出直しで御前崎港へカサゴ&メバルの癒し系ゲームに行きます。

2006年12月25日 (月)

カサゴ爆釣?

カサゴ爆釣?

何かと忙しい年末、時間を作って御前崎港へ、現地に着くと意外に風が強く感じる。
とりあえず西埠頭へ、10gのテキサスリグで堤防沖の石積のブレイクを舐めるように丁寧に攻め続けるとバイトが、合わせるが乗らない!?
その後も何度となくアタリが、しかし釣れてくるサイズは10〜15センチ位の小型ばかり。
その後、釣具屋よっちゃんと合流し一級ポイント赤灯台へ、バイトはかなりあったがこちらも小型ばかり、数は釣れたけどキープは3匹だけでした。

2006年12月17日 (日)

遠州灘ヒラメ続釣

遠州灘ヒラメ続釣

今朝はサーフへ!
先週までポロポロ出ていたシーバスは姿を消したとの前情報があり期待感0でサーフへ、さすがに釣れてなくても日曜日、多くのアングラーが暗闇に向けてキャストを繰り返している。
何も無いままマズメを迎え、辺りが明るくなったAM6:30頃、砂浜にしゃがみこむ人が一人、近づくと若手ナンバー1のT君、今週もヒラメゲットです。

ロックフィッシュゲーム

ロックフィッシュゲーム

ロックフィッシュゲーム

今日はいつもお世話になっているFS浜岡のスタッフ、よっちゃんと御前崎港へロックフィッシュ狙いで!
堤防際は捨てて沖にフルキャスト、砂地に点在する根を丁寧に攻めるとコンッ!と良いアタリ、飽きない程度釣れました。
ロックフィッシュを語らせたら…(語るだけ)の、よっちゃんも難なくゲットです。
これから良型がドンドンさしてきます、いよいよ熱くなる御前崎港のライトゲームです。

2006年12月15日 (金)

御前崎港へ

御前崎港へ

今日は風も弱くサーフがイケそうな感じ!
しかし明日も仕事なんでお手軽に港へ、潮止まり直前で魚も沈み気味、トラウト用のミノーで水面直下を攻めるとライトの明暗の境目からセイゴが飛び出した!
アタリは多いけどノリはイマイチでした。
さすがにお手軽ポイントはたたかれ過ぎな感じです。

2006年12月12日 (火)

平鱸の手鞠寿司

平鱸の手鞠寿司

日曜日に釣ったヒラスズキをお刺身にして残りを醤油、酒、味醂で作った漬けダレに一晩漬け込み、お酢のご飯で手鞠寿司に、白ゴマと分葱をふりかけて出来あがりです。
平鱸は癖の無い白身魚でどんな食べ方でも美味しくいただけます。

2006年12月10日 (日)

夜の部終了

夜の部終了

ほとんど潮が止まったので今夜の釣行は終了しました。
ガリガリシーバスの40センチくらいのが釣れました。
今週は良い感じでストレス発散できました。

夜の部突入

夜の部突入

夕日がゆっくりと水平線に消えていきます、夜の部突入します。

遠州灘サーフ続報

遠州灘サーフ続報

日中のサーフでは友人がマゴチをゲット、ヒラメをぶら下げたアングラーも確認、まだまだ楽しめそうな感じです。

遠州灘シーバス

遠州灘シーバス

今朝はサーフへシーバス狙いで少し早めの出動!
多少波は高いが問題無い程度、先行のアングラーの邪魔にならないように数百メートル横の払い出しに入った。
良い感じでルアーに抵抗がかかる、開始数投でバイト!乗らなかったが魚はいるようだ、同じラインにルアーを通すと今度はガッチリフッキング!それ程大きくないが力強いファイトであがってきたのは55センチの平鱸でした。
その後、西風が強くなりマズメ前に終了しました。

2006年12月 9日 (土)

サーフ&港チェック

サーフ&港チェック

まだ明るいPM4:00から友人といつものサーフへ、昨日の強風で多少の底荒れが感じられる。
まずはヒラメ&マゴチ狙いで!
いくつかの払い出しをテンポよくチェックするがアタリ無し、辺りが薄暗くなり始めた頃に隣りのアングラーがマゴチを釣り上げた、その後日没を迎えシーバス狙いにシフトしましたがノー感じで終了、その後ライトゲームで御前崎港へ!
メバル、カサゴ、ヒラセイゴと飽きない程度に釣れ終了しました。

2006年12月 6日 (水)

ロックフィッシュゲーム

ロックフィッシュゲーム

ロックフィッシュゲーム

今日も御前崎港へ。
まだまだメバル&カサゴともBabyですけどね、数はボチボチ出ます。
本日の最大は友人のメバル、23センチでした。

2006年12月 5日 (火)

ヒラメ持続!

ヒラメ持続!

まだ真っ暗な早朝5時に目覚めた、窓を開け風を確認すると無風、コレならサーフが釣りになる…が、激寒、とりあえず冷えた体を布団で温める…次に目覚めたのは出勤時間、うぅーん今日もへこたれた。
車の暖房をガンガンにかけて会社に向かう途中、若手ナンバー1のT君からヒラメキャッチのメールが、若いってスバラシイ、僕も若い頃は…あぁ、あの日に帰りたい。

2006年12月 4日 (月)

御前崎港ライトゲーム

御前崎港ライトゲーム

強風波浪警報が県内にでている中御前崎港へ、港に着くと激寒、ポイントに入ると思いっきりの向かい風、0.9gのジグヘッドで何とか10mくらいまでは飛ぶかな?
海面も風によりジャバジャバ、それでもメバル&セイゴが元気にライズしている。
1投目からプルプルっとアタリ、軽く合わせると極小メバルでした。
写メ後リリースして友人に連絡すると違うポイントでセイゴ&メバルが釣れてるとの事、合流するとこちらもバチャバチャとライズしている、ワームを投げればセイゴが我先にと群がって来る、友人がポンポンとセイゴ&メバルを釣り上げていく、軽いジグヘッドしか用意してない僕はラインが風に持っていかれ釣りになりませんでした。
激寒の中、1時間が限界でした。

2006年12月 2日 (土)

御前崎港メバル

御前崎港メバル

今日も友人ネタです。
御前崎港の現在のサイズか?
余りにBaby-Babyですね、春には30upに化けるハズです。

海岸散歩

海岸散歩

人も少なくロケーションの良い場所で釣りたいと思い一路南下、ポイントに着くと誰一人いない、やっと思いっきり釣りができる、風は少しずつ強さを増している感じ、でも広々したサーフで気持ち良くランガンできる、打っては歩く、打っては歩く、歩く、歩く、歩く…。
人のいないポイントには魚もいなかった。

若手ナンバーワン!

若手ナンバーワン!

移動途中にピロリロリンとメール、見ると僕の所属するクラブの一番年下のT君からだ、写メが添付された釣りましたメール。
ヒラメの45up、彼はこの頃かなりの確率でヒラメをキャッチしている、クラブの若手ナンバーワンだ!これからどんどん上達してくるだろう。
何よりクラブメンバー唯一の20代、年下が入ってこない限りいつまでも若手ナンバーワンである、ちょっとうらやましい。

今日の遠州灘

ヒラメ狙いでサーフへ、西風が気になるが波もそんなに高くない、シーバスもありかと日の出より少し早めに釣り始め、何も無いまま日の出を拝み、気づけば周りは人だらけ、20人位いるだろうか、誰一人釣れてない、ポイントを見切ろうと思ったときにお隣さんがマゴチの40センチくらいをキャッチ、スバラシイ。
僕が見たのは後にも先にもその一匹だけでした。
ポイント移動します。

御前崎港カサゴ

御前崎港カサゴ

今日はシーズンにはちょっと早めかな?と思いながら、よく行く釣り具店の店員君とカサゴチェックに行ってきました。
タックルは硬めのベイトに2インチのバグ系テキサスで、港に着くと強めの西風、第1投、ボトムを取りリフト&フォールを繰り返すとコンと良いアタリ、しっかり合わせて、と思ったらリールからラインがズルズル?しまった!ドラグゆるゆる、根に入られしばらく粘るも出てこない、無理に引っ張ったらラインブレイクしちゃいました、魚さんゴメンナサイ。
その後1時間がたち2人ともアタリ無し、堤防の先端部に立ちキャストを繰り返し沈んだケーソンをナメるようにルアーを通してフォールさせた瞬間、フッとルアーの重みが消えた!グッと合わせ一気にに巻き上げると確かな重み、来たよ!と店員君に声を掛けながらも強引に浮かす、底を50cmは切っただろうか、取れたと思った次の瞬間、ゴンゴンゴンとスピードは無いが重く力強い引き、今までカサゴやってて感じた事の無い引き!30upのカサゴよりはるかに強い、一気にに根に持っていかれラインブレイク、悔しくて悔しくて、せめて正体を確認したかった。
時々ハタなども釣れる場所だけに、もしかして、が頭から離れない、悔しいなぁ、今夜は完全に僕の負けでした。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »